仕事できます
Aws4_request&x-amz-signedheaders=host&x-amz-signature=0e21cb3bcf6c99affb20fe91d86e1c16df867f3fbf4698b90094d7a109d5a8a2
ウォッチリストに追加する
ログインしてウォッチリストに追加しましょう。
数値が高いほど注目度が高いことを表しています。
0
ライター  /  個人
ちよ子(移住ソムリエ)
移住や多拠点生活、リモートワークに関する内容を書かせていただきます。そのほか各種紹介文や業務文書などの作成もお受けしています。
基本情報
東京都 / 女性 / 40代
  • Icon_valid_identity本人確認済
  • Icon_nda守秘義務確認済
  • Icon_valid_env環境チェックテスト済
稼働対応時間
11〜20時間/週
登録日
2019/10/02
自己PR
ご覧いただき、ありがとうございます。

わたしは「旅する活動家」として、NPO法人の理事長や在宅支援の活動をしているパラレルワーカーです。
素直に正直に誠実に生き、自分の心と自分の人生を大切にし、そして皆様の時間とお金も大切にしていきます。

JOBHUB様では、文章の制作を通じて皆様のお手伝いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。

①記事
・移住や多拠点生活、リモートワークに関する内容など

②紹介文
・自己紹介、お店紹介、商品紹介、会社やグループの紹介など

③業務文書
・説明書、企画書、報告書、お礼やお詫びの文書など


■旅する在宅支援とは?

2017年から3年間の自主的な社会貢献活動を経て、いよいよ今年から「こども工房」の活動に注力していましたが、世界も日本も大変な状況になってしまいました。

ステイホームの期間、当然ながらリアルの場での活動はできず、もちろん各地を訪れることはできなくなりましたが、皆さんから圧倒的に誤解されていたことがありました。

わたしが各地を飛び回ることができるのはオンラインで各地と繋がっていたからできるわけで、3年前までは筋金入りの在宅ワーカーでした。

ですので、ステイホーム期間を使って、新しい生活様式でオンラインを有効活用する方法を徹底的に考えることにしました。

やるからには究極のステイホームと言うことで、夫婦揃って2ヵ月間(4月3日から6月3日まで)、世界で最も厳しいロックダウンしている国よりもさらに厳しい条件でやってみました。

❶とことん表に出ない
夫が1回だけ買い物に出て、わたしは1回だけ回覧板を目の前のお家に届けたのと、数回、家の周りの状況を確認しただけでした。

❷テーマは交流と学び
全国の魅力的なオンラインの講座やイベントやミートアップなどを徹底的にチェックして参加させていただきましたが、その数は150以上、総時間では300時間オーバーでした。

❸この経験も踏まえて事業を創る
これが旅する在宅支援の「Z4U.org」で、英語風の表現でZaitaku four you、つまり「あなたのための在宅支援」と言う意味です。


一見すると「旅する」と「在宅支援」って矛盾すると思う人が多いと思いますが、この表現こそが最大のポイントです。

3年前の現役引退までの10数年間、夫は大阪の会社の一員として東京からリモートで働いてきましたが、業務委託の満了までの間に本社に伺ったのが僅か1度だけと言うのが自慢でした。

私自身もNPO法人の運営サポートをオンラインで受託したり、夫の仕事を手伝ったりしてきましたが、ネット環境さえあればどこでも仕事ができます。

ですので、夏は涼しいところ、冬は暖かいところと、季節ごとに過ごしやすい場所で仕事をしてきましたが、周囲の人達からは「いつもあちこち行っていいわねぇ」と言われてきました。

今、リモートワークをされる皆様は、どちらかと言えば各地を巡る「旅人」のような生活に憧れることも多いと思いますし、もちろん、そうやって楽しまれている人達も増えていると思います。

一方で私達夫婦の場合は、各地に生活用品の整った拠点を構えて手ぶらに近い状態で出向き、平日は普通に仕事をして、そこから週末に日帰りで遊びに行くスタイルです。

滞在期間は短くても2週間、だいたいは1〜3ヵ月単位で移動してきましたが、最大の利点は「どこに居ても自宅」ですので、生活のリズムを崩すことがないことでした。

もちろんゲストハウスを巡って仕事をする人達のように、新たな出会いの機会は多くはないのはデメリットですが、例えば会社員の皆様のテレワークの場合には向いているように感じています。

ただ、わたしたちには子供がいないので学校などの心配が無いのですが、お子さんのいるご家庭の場合には、夏休みなどに宿泊施設に長期滞在するなどの楽しみ方ができるはずです。


わたしたち夫婦がやってきたノウハウをシェアするサービスで、夫は「コリビングの支援事業」と言ってますけど、わたしは在宅ワーク(テレワーク/リモートワーク)ができなければ、成り立たないと思います。

ですので、コリビングと言う言葉は使わずに「在宅支援」と言うことにしました。

非常に長い内容を最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
事業案内ページ:https://1LDO.com/
サービス紹介ページ:https://iine.cc/
スキル
スキルPR
動画アプリのオウンドメディアでの取材ライター経験もあります。
経歴・職歴
NPO法人の運営
会社名

特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会

役割

理事長(2019年1月より就任)

参考URL

https://jba.yottakari.com

詳細

2002/01/08
 住まいに関する法整備や情報開示がなされていなかった当時、安心して住まいを買うことができる社会の実現を目指し、嶋田尚芳(宅建事業者)を理事長に48名の有志により発足。

2009/04/24
 オンライン上での無料の不動産相談、メールマガジンの配信を強化すべく、日本のインターネット創世記からオンラインコミュニティを運営してきた磯部裕幸 (不動産鑑定士)が、2代目理事長として継承。

2019/01/01
 継承10年目の節目を迎え、未来に持続させる組織を目指し、全役員が退任し、事務局の運営を担ってきた草柳安子(ちよ子)に再継承し、これまでの資金を活用して、新しい組織のための準備を行う。

Icon_more_infoもっと見る(1)

資格
取得年月 資格名
温泉ソムリエ
温泉観光実践士
温泉観光士

Icon_more_infoもっと見る(5)

Page_top